© 2018 by Chiba Laboratory.

Hiroshima Project

​東京大学 千葉学研究室 ✕ 三菱重工業株式会社 ✕ JR西日本

2017.4 - 2018.3

自動運転技術車がつくる未来の都市や建築を提案するプロジェクト。

自動運転技術車(SDV:Self-Driving Vechle)の研究は80年代から進められており、近年では実証実験の段階に入り実現性が高まってきている。そこで実際に街中をSDVが走るようになった時に、都市や建築にどのような可能性が生まれるだろうか。このプロジェクトではSDVが代替となりうる自家用車利用率が高く、公共交通機関の利用に課題がある地方都市を対象としており、今回は広島市近郊を敷地として提案を行った。SDVが普及した際に、鉄道会社の抱える問題やニュータウンなどの住宅地の新しいあり方を考えた。

This project is a collaborative research to design Future Urban Design and Architecture with “Self-Drive Vehicle” (SDV).

Since 80’ the research in SDV has been promoted, SDV will be driven on public road in the near future.

When SDV could drive in the whole town, we should think about possibility of building and Urban design. The proposal site is Hiroshima prefecture. We considered the solution of issues concerning existing infrastructure and new town.