© 2018 by Chiba Laboratory.

COMMUNE 246

2014.8 - 2015.2

南青山の新しいコミュニティ空間「COMMUNE 246」での、フードカートの実施設計。千葉研究室は、周囲の環境を美しく敷地にうつしだす木とステンレスのフードカートを設計しました。

環境を反射させるだけでなく、屋台に集う人々の行動に反応し形を変える。

ビルの谷間では小さな空を広くみせ、人々のにぎわいを輝かせる。

どこに移動してもその場所にとけこみながら、周りで起こる人々の振る舞いひとつひとつに敏感に反応する。

生き物のように姿を変えながら人々の行動を支えるフードカートの提案です。

 

A food cart project in Minami Aoyama, “COMMUNE 246” a new community space. Chiba lab designed a food cart by wood and stainless, that reflects the surrounding environment elegantly. The kiosk may transform due to the people’s flow. The glittering kiosk have visually broadened the small vacant lot between the tall buildings, and brightened the bustling crowd. This kiosk is able to blend in all kinds of places, sensitively interacts with the surrounding, like a life form. This is a kiosk is designed to offer the needs and support the activity.