更新日:4月1日

この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

賜ったご支援は、学生の研究活動に使わせていただきます。

2022年4月から9月まで、グッゲンハイム美術館ビルバオにおいて、世界を代表する建築家ノー マン・フォスター卿が企画・展示を行う「Motion. Autos, Art, Architecture」展が開催されます。その中の「The Future」室では、世界から15大学が招かれ、未来をテーマに展示が行われます。東京大学では、工学系研究科建築学専攻の千葉研究室が中心となり、モビリティ革新の時代における未来の都市像を、「東京計画2021」として展示します。

展覧会出展にあたり、展示作品の製作費およびプロジェクトに参加する学生の渡航費を支援する 「グッゲンハイム美術館ビルバオ展示支援基金」を立ち上げました。


詳しくはこちらをご覧ください

グッゲンハイム美術館ビルバオ展示支援基金 | 東京大学基金

更新日:2021年6月3日

【2021年6月18日(金)10:0013:00~13:45(予定)

zoomでの開催を予定しております。

参加をご希望の方は前日正午までに千葉研究室へご連絡ください。

同時に質問を受け付けます。当日チャット等でも受け付ける予定ですが、

なるべく事前にお寄せください。

※全てのご質問に回答できない可能性があります。あらかじめご了承ください。