top of page
  • 執筆者の写真chiba laboratory

グッゲンハイム美術館ビルバオ展のレポートが新建築6月号に掲載されました

更新日:2022年6月3日

2022年4月から9月まで、グッゲンハイム美術館ビルバオにおいて、世界を代表する建築家ノーマン・フォスター卿が企画・展示を行う「Motion. Autos, Art, Architecture」展が開催されています。その中の「The Future」室では、世界から15大学が招かれ、未来をテーマに展示が行われます。東京大学では、当研究室が中心となり、モビリティ革新の時代における未来の都市像を、「東京計画2021」として展示しています。展覧会の会場で設営に携わった当研究室の学生のレポートが新建築6月号に掲載されました。


詳細はこちらからご覧ください→



最新記事

すべて表示

シンポジウムのご案内2023

千葉学教授が登壇するシンポジウムをご案内します 多くの皆様のご参加をお待ちしております ■東京大学ホームカミングデイ2023 キャンパスマネージメント研究センター・建築学専攻共催シンポジウム 「ドリーム講義室プロジェクトの紹介-GX・DXに基づく歴史的空間の価値向上-」 https://www.u-tokyo.ac.jp/adm/hcd/event/2023_event_0030.html 日時:

コメント


bottom of page