• chiba laboratory

グッゲンハイム美術館ビルバオ展のレポートが新建築6月号に掲載されました

更新日:6月3日

2022年4月から9月まで、グッゲンハイム美術館ビルバオにおいて、世界を代表する建築家ノーマン・フォスター卿が企画・展示を行う「Motion. Autos, Art, Architecture」展が開催されています。その中の「The Future」室では、世界から15大学が招かれ、未来をテーマに展示が行われます。東京大学では、当研究室が中心となり、モビリティ革新の時代における未来の都市像を、「東京計画2021」として展示しています。展覧会の会場で設営に携わった当研究室の学生のレポートが新建築6月号に掲載されました。


詳細はこちらからご覧ください→

https://japan-architect.co.jp/shop/shinkenchiku/sk-202206/



最新記事

すべて表示

2022年4月から9月まで、グッゲンハイム美術館ビルバオにおいて、世界を代表する建築家ノー マン・フォスター卿が企画・展示を行う「Motion. Autos, Art, Architecture」展が開催されます。その中の「The Future」室では、世界から15大学が招かれ、未来をテーマに展示が行われます。東京大学では、工学系研究科建築学専攻の千葉研究室が中心となり、モビリティ革新の時代におけ